01

人と人との“信用”と“信頼”を大切に
倉庫管理のエキスパートを目指す
鈴繁埠頭営業所 倉庫管理職
2013年入社 情報通信学部卒

鈴繁埠頭営業所に勤務。倉庫内の設備・温度・安全点検に加え、入出庫の指示や運送会社との対応まで幅広く担当。

大切な大豆をお預かりし、守り抜く。
いつでも消費者の目線を忘れずに。

IT関係の仕事をしていた前職では、姿かたちの見えないものが相手でした。
今度は“モノ”を扱う仕事をしたいと思い、転職を決意しました。
現在は、主に大豆の入出庫や保管といった仕事を担当しています。
スケールの大きな仕事が出来るのは、
社有の埠頭を持つ横浜倉庫ならではだと思います。
どんなに規模が大きくとも、大豆にとって最適な環境を保ち、
皆様のもとに届くまでお預かりするという使命に変わりはありません。
「この金額ならこれが買える」など、自分の身の回りのものに置き換え、
常に消費者としての目線を忘れないようにしています。

仕事を円滑に進めるための
決断力とコミュニケーション能力。

入出庫の時間などが決まっている現在の業務は、常に時間との勝負です。
現場の様子を見ながら素早く答えを導き出し、
その場で作業員に指示を伝えていく決断力が必要となります。
業務上、依頼を受けてから動く受け身の作業が多いため、
仲間と積極的にコミュニケーションをとりながら、
いつでも万全の受け入れ体制を整えるようにしています。
私にとって、すべての仕事は“信用”と“信頼”で成り立っているもの。
仲間はもちろん、自分自身も信用、信頼して着実に仕事を進めていくことの大切さを横浜倉庫で学びました。

PRIVATE

お笑いや音楽のライブを鑑賞しに行ったり、サイクリングや銭湯巡りに出掛けたりすることが休日の楽しみ。
自宅で料理を作ったり、歴史小説を読んで過ごす日もあります。
大学時代は経営システム工学科で、ロジスティクスの勉強を少しだけかじりました。

INTERVIEW OF OUR STAFF
横浜倉庫で働く先輩たちの声

ENTRY